育成クラスの練習

こども陸上クラブホップではレベル別でクラスを分けています。

現状トップクラスである育成クラスはどのような練習をしているのでしょうか?

220m MAXダッシュのタイムトライアル!!

導入クラスと決定的に違うことがあります。それは毎回本メニューに入る前にタイムトライアル(タイム測定ありのレース)をするところです。

体育館の走路を利用しているのでカーブがかなりきつい!

それでも、毎回練習をしているとこどもたちは攻略してきます。

どのように走れば一番効率的か身体で理解できるようになるのです。

小学5年生女子

この日、タイムトライアルで自己ベスト記録を更新し、とても喜んでいた彼女。

育成クラス発足時から頑張って44″66というタイムを出しました。

確か、初めて走った時は57秒ぐらい。

走るたびに反省点が見つかり

「あー、もっとあそこスピードを出しておくべきだった…」

といつも悔しがっていました。

徹底したフォーム指導

少人数指導だからこそ、できるフォームの指導に時間をかけられます。

今回は腕振りについて修正してみました。

こちらの動画をご覧ください。

腕が身体から離れて振りがちでしたが、ある魔法の言葉で修正できました!

「腰を小指でスクラッチしよう!」

そうすると、あら不思議。すぐにできるように。

この魔法の言葉、伝えるいいタイミングというのがあります。

彼女は、この日特に練習に意欲的でどんどん頑張りたいという様子。

先生との話もしっかりとできるようになってきた。

今このタイミングならできるかもしれない。

と、私はいつもタイミングを待っています。

導入コースで物足りなくなった子に!

導入コースは幼稚園年長から入会が可能です。

そのため、練習メニューは少し簡単めになっています。

もっと、記録を伸ばしたい。

ホップのかけっこ大会以外にも出てみたい。

連合運動会の練習がしたい。

なんていう子は育成コースがオススメです。